2019/06/28 06:00

香取慎吾、白石和彌監督との“共鳴”を明かすも「お芝居は嫌いですね(笑)」

映画『凪待ち』白石和彌監督&香取慎吾インタビュー クランクイン!
映画『凪待ち』白石和彌監督&香取慎吾インタビュー クランクイン!
 香取慎吾の新たなスタートにして、ひとつの到達点ーーそう言える映画が誕生した。香取にとって『ギャラクシー街道』以来の単独主演映画であり、『孤狼の血』、『麻雀放浪記2020』など、次々と話題作を発表している白石和彌が監督を務めた『凪待ち』。白石監督だからこそ引き出せた、見たことのない香取の表情、香取だからこそ表現できた、これまでの白石作品にはなかった主人公の姿がスクリーンに映し出される。 本作で香取が演じるのは、酒と競輪に溺れ、無為な日を過ごす“ろくでなし”という言葉がぴったりの男・郁男。恋人の亜弓(西田尚美)と共に、彼女の故郷・石巻で再出発を図るが、その矢先に亜弓は何者かに殺害されてしまい、郁男は絶望から自暴自棄に陥っていく。

 堕ちて、また堕ちて…周囲から救いの手を差し伸べられるが、そのたびに優しさや期待を裏切り続けていく最低な男ーー。香取は「『ホントにひどいヤツだな!』という気持ちを、グッと抑えながら演じていた」と明かすが、では、郁男と自身の間に全く共通点がなかったかというと、そうではない。それは、郁男を演じる上で、軸として一貫して意識していた「逃げる」という要素だという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >