2019/07/03 07:00

窪田正孝が恍惚の表情でスフレを食す 『Diner ダイナー』本編映像到着

映画『Diner ダイナー』窪田正孝の場面写真(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会
映画『Diner ダイナー』窪田正孝の場面写真(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会
 俳優の藤原竜也が元殺し屋の天才シェフ役で主演を務める映画『Diner ダイナー』より、窪田正孝演じるスキンが登場する本編映像が到着。好物である“スフレ”を恍惚とした表情で食すシーンが収められている。 本作は、平山夢明の小説『ダイナー』(ポプラ文庫)を、藤原と蜷川実花監督の初タッグで実写化。店主も客も、全員殺し屋のダイナー(食堂)を舞台に繰り広げられるノンストップ・エンターテインメント作品となっている。藤原は殺し屋専用のダイナー<食堂>の店主で、料理も生死も支配するダイナーの“王”たる存在であるシェフ・ボンベロ役を務める。ヒロインに玉城ティナ、共演に窪田、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二といった豪華俳優陣を迎え、全員が“殺し屋”役を演じる。

 解禁された本編映像は、舞台となるダイナーで、腕は超一流だが心根は優しい殺し屋のスキン(窪田)がスフレを食べるシーン。ウェイトレスのカナコ(玉城)に「絶対に間違えるな。これは“スキンのスフレ”だ」と念押ししてスキンのもとへスフレを運ばせるボンベロ。このスフレはボンベロがスキンのために、彼の殺された母親の味を完璧に再現したもの。スフレを口にしたスキンは恍惚とした表情で饒舌にその味を語る。しかし、スフレの中に入っていた異物に気づいた途端、スキンは落ち着きを取り戻し…。

 ジャパンプレミアでひと足早く本編を観た観客からは「窪田正孝が、最高にエロくて犯罪レベル!」「心臓停止レベル。私が危惧するのは、窪田正孝にハマりすぎて、日常生活に支障を来たすという生活の安全保障問題」「窪田くんがかっこよくて可愛いくて優しくて狂気的で美しい映画だった」といった、スキンの色気溢れる殺しぶりに関する反響が続出している。

 映画『Diner ダイナー』は7月5日より公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >