2019/07/08 20:00

台湾青春映画幻の名作『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』がデジタルリストア版で公開

映画『熱帯魚 デジタルリストア版』『ラブ ゴーゴー デジタルリストア版』チラシビジュアル(C)Central Pictures Corporation
映画『熱帯魚 デジタルリストア版』『ラブ ゴーゴー デジタルリストア版』チラシビジュアル(C)Central Pictures Corporation
 チェン・ユーシュン監督による1990年代台湾青春映画幻の名作『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』の2作が、デジタルリストア版で8月17日より同時公開されることが決定。併せて予告編、場面写真、チラシビジュアルが解禁された。 『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』は、1990年代当時、エドワード・ヤン、ホウ・シャオシェン、ツァイ・ミンリャンら“台湾ニューシネマ”の監督たちの系譜から突如出現し、“台湾ニューシネマの異端児”と称されたチェン・ユーシュン監督作。デビュー作『熱帯魚』(1995)は、誘拐事件に巻き込まれた受験生の少年が、連れ去られた南の漁村で白昼夢のような不思議な時間を体験する物語。第2作『ラブ ゴーゴー』(1997)は、台北に住む冴えない若者たちの、切なくもどこか滑稽な“恋の季節”をポップに描いた作品だ。

 ユーシュン監督はツァイ・ミンリャンのテレビドラマ『快楽車行』(1989)にスクリプターとして参加するなどテレビドラマ界で活躍する一方、当時台湾で頻発していた誘拐事件をモチーフに『熱帯魚』の脚本を執筆。1992年の全国シナリオコンクールで最優秀賞を受賞し、その後自ら監督を務めて1995年に映画監督デビューを果たした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >