2019/07/28 13:30

『ブレードランナー ファイナル・カット』IMAXシアターの大画面で2週間限定上映

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』IMAXシアター上映ポスター(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
映画『ブレードランナー ファイナル・カット』IMAXシアター上映ポスター(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
 リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演の映画『ブレードランナー ファイナル・カット』が、舞台となる2019年を迎え、IMAXの大画面で9月6日から2週間限定公開されることが決定。ハリソン演じるデッカードがレプリカントを処刑する“ブレードランナー・ブラスター”を手にしたポスターと、約3分の予告編が公開された。 『ブレードランナー』は、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を映画化し、1982年公開されたSF作品。ハリソンは、レプリカントと呼ばれる人造人間を見つけ出して射殺する任務を負う専任捜査官「ブレードランナー」のデッカードを演じている。

 また先日、レプリカントの反逆グループのリーダー、ロイ・バティーを演じたルトガー・ハウアーが、7月19日に母国オランダの自宅で病気のため75歳で死去したことが伝えられた。

 “SF映画の金字塔”として、映画ファンはもちろん数多くのクリエイターたちに影響を及ぼし、1992年には、スコット監督編集による『ブレードランナー ディレクターズ・カット/最終版』が、2007年には『ブレードランナー ファイナル・カット』が公開され、スマッシュヒット。近未来SFとしてのビジュアルが先駆的かつ秀逸で、ストーリーにおいて哲学的要素が強いことなどが高く評価され、今日でもシークエンスについて熱く議論され続けている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >