2019/08/01 12:00

西部劇『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』オリジナル版公開、ビジュアル完成

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』ポスタービジュアル(C)1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』ポスタービジュアル(C)1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
 世界公開50周年を迎える、イタリアの巨匠セルジオ・レオーネ監督による傑作西部劇『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』の2時間45分のオリジナル版が、9月27日より日本で初めて公開される。このたび映画のオープニング・シーンからデザインされたスタイリッシュな本ビジュアルが完成した。 1968年に製作された本作は、クリント・イーストウッド主演映画『荒野の用心棒』(1964)、『夕陽のガンマン』(1965)、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966)で3年連続イタリア年間興収ナンバーワンを記録し、イタリア製西部劇(=マカロニ・ウエスタン)ブームを巻き起こしたレオーネ監督が、自らの作家性を前面に打ち出した野心作。日本では1969年に約25分カットされた短縮版が『ウエスタン』の邦題で公開されている。

 共同原案に抜擢されたのは、若き日のベルナルド・ベルトルッチ(『ラストエンペラー』監督)とダリオ・アルジェント(『サスぺリア』監督)。ルキノ・ヴィスコンティ監督作『山猫』を下敷きに、女性主人公ジル(クラウディア・カルディナーレ)の目を通し、移り変わる時代と共に滅びゆくガンマンたちの落日を、スタイリッシュかつ重厚壮麗なバロック的演出を駆使して描き上げた。イタリア映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネによる名曲の数々が、物語を感動的に彩る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >