2019/08/06 11:00

齊藤なぎさ×鈴木伸之×飯豊まりえ×市原隼人、競演オムニバス映画10月公開

映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』メインビジュアル(C)2019 「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」製作委員会
映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』メインビジュアル(C)2019 「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」製作委員会
 齊藤なぎさ(=LOVE)、鈴木伸之、飯豊まりえ、市原隼人の4人がそれぞれ主人公を務めるオムニバス映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』が10月25日より公開されることが決定。併せて場面写真が解禁された。 本作は、春夏秋冬の4つの物語をテーマにしたオムニバス映画。海辺の町の美しい景色を背景に、日常を優しく切り取った4つの物語がつづられる。「芦屋で映画を作ろう」という町民の想いから企画が始まり、福岡県・芦屋町に映画制作実行委員会が発足。小道具や大道具作り、見物人の整理や炊き出しなど、多くの町民がボランティアとして制作を手伝うという、町の全面協力のもと完成した。また、エキストラとしても町民が多数出演している。

 監督を務めたのは、深作欣二監督、若松孝二監督らが主催していた「映像塾」で映像制作を学び、映画『女子カメラ』『風のたより』を手掛けた向井宗敏。

 指原莉乃プロデュースのアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の齊藤が主演を務めるのは、夏の物語「ナツヨゾラ」。主人公・田中ゆみ(齊藤)の幼なじみの亘役を演じるのは、ボーカルダンスユニットグループ「M!LK」メンバーの宮世琉弥。芦屋中学校に通う田中ゆみと幼なじみの小杉亘。亘は母親(岩佐真悠子)の再婚を機に引っ越すことになるが、そのことをゆみに黙っていたことで、2人の仲は気まずくなり…というストーリー。齊藤と宮世が、淡い恋心を抱く中学生の微妙な関係を瑞々しい演技で表現する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >