2019/08/12 08:00

三吉彩花「私なんて…」と悩んだ過去 ポジティブに変わった20歳の転機

三吉彩花 クランクイン!
三吉彩花 クランクイン!
 矢口史靖が監督・脚本を手がけたコメディ・ミュージカル映画『ダンスウィズミー』で、女優の三吉彩花が歌やダンス、アクションにもチャレンジ。ヒロインの“自分探しの物語”を生き生きと体現している。7歳でモデルデビューし、キャリアを重ねてきた彼女だが「私なんて…」とネガティブに悩んだ時期もあるという。転機は、20歳のときに訪れたある出来事。本作で得たかけがえのない経験とともに、マインドが変わったきっかけや、今、女優業に感じている醍醐味(だいごみ)を語った。■くじけそうになった過酷な日々

 本作の主人公は、ミュージカルが苦手な女性・静香(三吉)。「音楽を聞くといつでもどこでも歌って踊らずにはいられない」という催眠術にかかってしまった静香が、その術を解こうとする道のりにおいて自分とも向き合っていく姿を描く。三吉は日本中のオーディションを経て、ヒロインの座を獲得。合格の報せを受けたときは「驚きと、これから待ち受けている数々の試練への不安が大きかった」と喜び以上に大きなプレッシャーがのしかかったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >