2019/09/05 06:00

横浜流星&飯豊まりえ、実は「芸能界の幼なじみ」 久しぶりの再会に刺激

映画『いなくなれ、群青』で共演した飯豊まりえ、横浜流星 クランクイン!
映画『いなくなれ、群青』で共演した飯豊まりえ、横浜流星 クランクイン!
 横浜流星と飯豊まりえが、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の同名小説を映画化した『いなくなれ、群青』で、みずみずしい青春を体現した。映画での共演は初めてとなったが、モデル活動を通して少年少女の頃に出会っていたという彼ら。「芸能界の幼なじみ」とお互いの存在を特別なものだと打ち明ける2人が、久しぶりの再会で得た刺激を語った。 本作は謎だらけの島、階段島に暮らす高校生の七草(横浜)が、幼なじみの真辺(飯豊)と再会したことから始まる青春ファンタジー。島の謎を解き明かそうとする真辺と、彼女に巻き込まれていく周囲の姿を描く。“久しぶりに再会した幼なじみ”という七草と真辺だが、偶然にも、横浜と飯豊も彼らとまったく同じ関係性にあったという。

 横浜は「実は飯豊さんが小学校6年生、僕が中学校1年生のときに出会っているんです」と雑誌モデルとして同じ時間を過ごしていたという。「彼女はトップモデルで、その存在感に圧倒されましたね。キラキラしていた!」と当時の飯豊の印象を語ると、飯豊は「初めて会ったとき、観覧車で撮影をしたんだよね。覚えている?」とにっこり。「その日の撮影が、女の子同士で横浜さんを取り合って、私が勝って一緒に観覧車に乗る、という設定で(笑)。横浜さんはその頃から目がくりくりしていて、まつ毛が長くて! 妖精みたいな雰囲気を持っている人だなと思っていました」と楽しそうに振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >