2019/09/05 17:00

サイテー映画の二大金字塔『死霊の盆踊り』『プラン9・フロム・アウタースペース』奇跡の公開決定

映画『死霊の盆踊り』HDリマスター版、『プラン9・フロム・アウタースペース』総天然色版ポスタービジュアル(C)1965 Astra Productions, under license from Vinegar Syndrome (C)Legend films.
映画『死霊の盆踊り』HDリマスター版、『プラン9・フロム・アウタースペース』総天然色版ポスタービジュアル(C)1965 Astra Productions, under license from Vinegar Syndrome (C)Legend films.
 伝説の史上最低作品として映画史に残る『死者の盆踊り』『プラン9・フロム・アウタースペース』の2作が、<サイテー映画の大逆襲2020!>と銘打ち、東京・新宿シネマカリテにて公開されることが決定。両作の世界観をポップに表現したカラフルなポスタービジュアルが解禁された。 『死霊の盆踊り』は、不幸な死を遂げた女たちの霊がよみがえり、墓場で裸踊りをするという、究極のカルトムービーにして映画批評サイト・ロッテントマトで0%と驚異の最低評価を記録した作品。『プラン9・フロム・アウタースペース』は、宇宙人が墓場に眠る死者をよみがえらせて地球を征服しようとする話で、ティム・バートン監督の『エド・ウッド』でもその誕生過程が笑いと涙で描かれた“史上最低の映画監督”エドワード・D・ウッド・JrによるSFホラー作品だ。

 驚くほど緩くいい加減な演出と台本棒読みのダイコン演技、大仰でナンセンスなせりふの数々、説得力皆無の大胆なストーリー、女幽霊たちが狂ったように踊り続けるトップレスダンスの無間地獄、ダサ過ぎる衣装とチープな特撮…。全編を貫く哀しいまでの才能の欠如にもかかわらず、しかし、映画への愛が濃厚に満ちあふれた両作は、公開から半世紀以上経た今もなお世界中で愛され続けている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >