2019/09/08 19:20

『ジョーカー』ヴェネチア国際映画祭の最高賞・金獅子賞受賞! アメコミ初の快挙

映画『ジョーカー』ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞! (左から)ホアキン・フェニックス、トッド・フィリップス監督(C) 2019 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved” “TM &(C) DC Comics”
映画『ジョーカー』ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞! (左から)ホアキン・フェニックス、トッド・フィリップス監督(C) 2019 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved” “TM &(C) DC Comics”
 DCコミックス『バットマン』シリーズの悪役、ジョーカーの誕生秘話を描く映画『ジョーカー』が、第76回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、現地時間7日に行われたコンペティション部門の授賞式で最高賞となる金獅子賞を受賞した。世界三大映画祭でアメコミ作品が最高賞を受賞するのは、初の快挙となる。 孤独だが心優しかった男が“悪のカリスマ”に変貌していく衝撃のドラマを、アカデミー賞常連の実力派スタッフ・キャストで描くサスペンス・エンターテイメント『ジョーカー』。第76回ヴェネチア国際映画祭でワールドプレミア上映されると、8分間のスタンディング・オベーションが巻き起こった。

 受賞式でトッド・フィリップス監督が「ホアキン・フェニックス抜きでこの映画はありえませんでした」と主人公アーサー=ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスへの敬意を表すと、会場からは盛大な拍手が寄せられた。加えて「ホアキンは、僕が知っている中で最も凶暴で、最も勇敢で、最も心の広いライオンです。そして、美しい心の持ち主です。“狂気の才能”とともに私のことを信頼してくれてありがとう」と金獅子賞にちなんでフィリップス監督がユーモアを交えて感謝を述べると、ホアキンは「Grazie. Grazie mille.(イタリア語で:ありがとう。本当にありがとう)」と返した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >