2019/09/10 05:00

菅野美穂、『ジェミニマン』でハリウッド実写吹き替え初挑戦 クールな潜入捜査官に

映画『ジェミニマン』で吹き替えを担当する菅野美穂(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
映画『ジェミニマン』で吹き替えを担当する菅野美穂(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
 女優の菅野美穂が、俳優のウィル・スミスが主演を務める映画『ジェミニマン』の日本語吹替版で声優を務めることが決定した。ウィル演じる主人公ヘンリーと共に、クローンを作る謎の秘密機関に立ち向かうクールな潜入捜査官・ダニー役を担当する。菅野がハリウッド実写映画で吹き替えを務めるのは、今作が初となる。 本作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『アルマゲドン』(1998)を手掛けたジェリー・ブラッカイマーが製作を務め、巨匠アン・リー監督がメガホンをとった近未来アクションエンターテイメント。ウィル演じる伝説的暗殺者・ヘンリーが政府に依頼されたミッションを遂行中、自分の動きを全て把握し神出鬼没で絶対に殺せない最強のターゲットに遭遇。その正体が、自身の若きクローンであると知り、政府を巻き込むクローン技術の巨大な陰謀に巻き込まれていく姿を描く。

 本作で菅野が演じるダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、DIA(アメリカ国防情報局)の潜入捜査官。引退を決意した伝説のスナイパー、ヘンリー(ウィル)の監視役として潜入捜査を行う内に、彼を狙う正体不明の暗殺者の存在を知り、それがヘンリー自身のクローンであることを突き止める。しかしやがて自らの命も狙われることになり、彼と共にクローンを作る謎の秘密機関“ジェミニ”の陰謀に立ち向かう。最新技術で実現した、現在のウィルと若きクローンの23歳のウィルという、2人のウィルとの共演も見どころだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >