2019/09/10 14:00

『ハリー・ポッターと呪いの子』が映画化? 原作者の意味深ツイートにファンざわつく

シリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』 写真提供:AFLO
シリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』 写真提供:AFLO
 ベストセラー同名ファンタジー小説の映画化『ハリー・ポッター』シリーズ。その後、最終章『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後を描く舞台劇『ハリー・ポッターと呪いの子』が制作され大ヒットしているが、シリーズの原作者J・K・ローリングが新作の映画化を想起させるような意味深ツイートをして、ファンを興奮させたという。 ローリングは死喰い人(デス・イーター)の頭がい骨と、スリザリン寮のシンボルである蛇のイラストを自身のツイッターに投稿。「ハリー・ポッター」と「呪いの子」のハッシュタグを付けて、『ハリー・ポッターと呪いの子』のタグラインである「時に闇は予期せぬところからやってくる(Sometimes, darkness comes from unexpected places)」の言葉をツイートした。

 The Sunによると、ローリングの6ヵ月ぶりのツイートを受けて、ファンからは「これってオリジナルキャスト/トリオの続投で、呪いの子の映画3部作ができるってこと?」「いったいどういうこと? 大変だ」「彼が戻ってくる」といった反響が寄せられたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >