2019/09/24 22:45

中山美穂、「無茶だらけの人生だった」と苦笑い

『108~海馬五郎の復讐と冒険~』完成披露試写会に登場した中山美穂 クランクイン!
『108~海馬五郎の復讐と冒険~』完成披露試写会に登場した中山美穂 クランクイン!
 女優の中山美穂が24日、都内で行われた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』完成披露試写会に出席。松尾スズキ演じる主人公・海馬五郎がムチャクチャな行動に出ることにちなみ「さすがに無茶だったなと思った行動」を聞かれた中山は「無茶だらけの人生だったので、お話しできることはないです」と苦笑いを浮かべていた。 本作は、劇団「大人計画」主宰の松尾スズキが、監督・脚本・主演を務めた衝撃のオリジナル作品。名脚本家として地位と名声を得た海馬五郎(松尾)が、妻で元女優の綾子(中山)のSNSの投稿から浮気をしていること知り、資産のすべてを自らの不貞で使い切ってしまおうとする姿を描く。舞台挨拶には、中山のほか、松尾スズキ監督、秋山菜津子、岩井秀人、坂井真紀、大東駿介、土居志央梨も出席した。
 
 劇中、かなり過激なシーンがめじろ押しの本作の脚本を読んだ中山は「多少の躊躇(ちゅうちょ)はあった」と語っていたが「とにかく脚本が面白く、やりたいと思いました」と笑顔を見せる。松尾監督とは初のタッグとなるが「舞台をやられている方なので、熱のこもった方なのかと思ったのですが、普段はとても静かなんです。でも芝居に入るとパッションを感じました。日に日にかわいい方だなと感じました」と感想を述べる。
 
 そんな中山に対して松尾監督は「普通の温度で現場に入られ、淡々と演技をして普通の温度で帰られる。思い抱いていた大スター像とは違い、監督を緊張させない方でした」と評すると、突飛(とっぴ)な発想について「5年ぐらい前、2度目の結婚をする時期に『結婚とはなんなのだろう』としみじみ考えていたら、アイデアがふってきた」と語っていた。
 
 また、海馬は劇中、妻の不貞を疑い、SNSについた「いいね!」の数である108の数だけ、女性と金銭で肉体関係を持とうという無茶な行動に出る。司会者から「あれは無茶だったなと思う行動は?」と問われた中山は「無茶だらけの人生だったのでお話しできることはありません」と煙に巻くと「この作品に出たことが無茶だったかも」と発言し、松尾を笑わせていた。

 映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』は、10月25日より全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >