2019/09/29 07:00

松岡茉優、同世代の“ライバル”女優たちに「負けられない」気持ちが活力に

松岡茉優 クランクイン!
松岡茉優 クランクイン!
 子役からキャリアをスタートさせ、今では同年代の女優の中でも高い演技力を持つ一人として走り続ける松岡茉優。主演映画『勝手にふるえてろ』(2017)、『万引き家族』(2018)と好評価が続いている。新作となる、直木賞と本屋大賞を史上初めてダブル受賞した恩田陸の小説を実写映画化した『蜜蜂と遠雷』で、国際ピアノコンクールに挑む主人公の栄伝亜夜役に挑んだ松岡が、同世代の女優である“ライバル”の存在を語った。◇「亜夜はこういう演奏をする人なんだな」

 亜夜については、「原作にすべて書かれていた」という松岡。だが、実写だからこそ新たに生み出されていったこともあった。

 「亜夜のピアノ演奏の音は、ピアニストの河村尚子さんによるものなのですが、河村さんの演奏を聴かせていただいたとき、自分の想像していた亜夜の演奏よりも、ずっとダイナミックで大胆だったんです。『あぁ、亜夜はこういう演奏をする人なんだな。この演奏を生かすには、日常のシーンは逆に体温をぐっと下げたほうがコントラストが出るのかもしれない』と考えていきました」。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >