2019/10/01 06:00

キアヌ・リーヴス「僕の限界がこの映画の限界になる。だから頑張らないとね」―― 来日インタビュー

キアヌ・リーヴス&チャド・スタエルスキ監督、『ジョン・ウィック:パラベラム』インタビュー(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
キアヌ・リーヴス&チャド・スタエルスキ監督、『ジョン・ウィック:パラベラム』インタビュー(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
 シリーズ3作目となる最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』を引っ提げ、3作連続で来日を果たした俳優のキアヌ・リーヴスと、シリーズ全作品の監督を務めるチャド・スタエルスキ監督。最新作では、シリーズの重要な要素となっている犬によるアクションも登場し、アクションは激しさを増していく。55歳となったキアヌにとって、より激しくなるアクションにどうやって対応しているのか。秘密を明かしてくれた。――前作であれほど激しかったアクションが、最新作はさらに激しさを増していますね。かなりトレーニングされたのですか?

キアヌ:最新作の構想はとてもワイルドで野心的なものだった。だから撮影の4ヵ月前からトレーニングを始めたんだ。今回は馬に乗ってのアクションもあるから、乗馬のトレーニングにも力を入れたよ。この映画では普通に乗るんじゃなく、体をずらして鞍に足を引っかけた状態でアクションしなければならなかったからね。でも楽しいトレーニングだったよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >