2019/10/04 05:00

中村倫也、1人7役に挑戦! 映画『水曜日が消えた』2020年公開

映画『水曜日が消えた』場面写真(C)2020『水曜日が消えた』製作委員会
映画『水曜日が消えた』場面写真(C)2020『水曜日が消えた』製作委員会
 俳優の中村倫也が1人7役に挑戦する映画『水曜日が消えた』が2020年に公開されることが決定し、中村が眠る姿などを捉えた2点の場面写真が公開された。 中村演じる本作の主人公は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”。他の“曜日”とは直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っている。そのうちの最も地味でつまらない1人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語だ。

 メガホンをとったのは、映画『君の名は。』にCGクリエイターとして参加した映像作家の吉野耕平。数々の話題を呼んだCMやMVを手掛け、次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人 2019」に選ばれるなど注目を集める吉野が、今回満を持して自身の完全オリジナル脚本で長編映画デビューを果たした。本作では監督・脚本・VFXをすべて自ら担当している。

 中村は「完成した画が予想できない脚本でした。また自分が7役演じることも『やっかいだなあ~』と(笑)。でもだからこそ、あまり類を観ない邦画になる期待感を抱きましたし、いくらでも大ごとにできる出来事をあくまで日常として描いていくささやかさに好感を持ちました」と作品への想いを率直に語り、「ザラッとした、じんわりと温かい手触りを残せる作品になっていると思います。ご期待ください」とメッセージを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >