2019/10/07 15:00

マット・デイモン、『アバター』出演を断り260億円超を貰い損ねる

『アバター』への出演を断っていたマット・デイモン(C)AFLO
『アバター』への出演を断っていたマット・デイモン(C)AFLO
 ジェームズ・キャメロン監督の2009年のメガヒットSFアドベンチャー『アバター』。今年、『アベンジャーズ:エンドゲーム』に世界興行収入歴代1位の座を奪われたが、その最終世界興収は27億8960万ドル(約2980億円)を超える。俳優のマット・デイモンは、そこから製作費を引いた額の10パーセントを貰い損ねたそうだ。 男性誌「GQ」イギリス版のインタビューに応じたマット。ヒットしないと思いつつギャラが良くて引き受けた作品や、出演を受けた後にやめたくなった作品などの質問になり、関連がある話として、キャメロン監督から『アバター』出演をオファーされていたことを明かした。

 キャメロン監督に「この作品に名の知れた俳優は必要ないんだ。君が受けないなら、無名の俳優を見つけて、役をあげるつもりだ。この作品にどうしても君が必要ということではないからね」と、言われたというマット。「でも君が役を引き受けたら、(収益の)10%を君に…とお金の話になった…」と、当時を振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >