2019/10/24 14:00

ベルリン国際映画祭W受賞『37セカンズ』、特報&シーン写真解禁

映画『37セカンズ』メインカット(C)37Seconds filmpartners
映画『37セカンズ』メインカット(C)37Seconds filmpartners
 第69回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門最高賞となる観客賞と国際アートシアター連盟(CICAE)賞をダブル受賞したHIKARI監督の初長編監督作品『37セカンズ』が、2020年2月より全国順次公開されることが決定。特報と場面写真5点が解禁された。 本作は、身体にハンディキャップのある女性が自己表現を模索してもがきながらも、さまざまな人たちと出会うことで成長していく姿を描く。主演は身体に障害を持つ女性たちを全国で一般公募し、約100名の応募者の中から監督に見いだされた佳山明。本作が演技初経験となるが、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子ら実力派俳優たちがリアリティーあふれる演技で脇を固める。監督は、18歳から渡米して映画を学び、本作が長編デビュー作となるHIKARI。

 ベルリン国際映画祭やトロント国際映画祭をはじめとする世界各地の映画祭から招かれ、2019年東京国際映画祭のJapan Now部門にも選出。10月に開催された第42回ミルバレー映画祭ワードシネマ部門マインド・ザ・ギャップにて観客賞を受賞、ストリーミング配信Netflixでの海外配給も決定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >