楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/30 05:00

有村架純×菅田将暉、坂元裕二脚本のラブストーリーでW主演

映画『花束みたいな恋をした』ダブル主演の(左から)有村架純と菅田将暉 菅田将暉PHOTO:(C)ヤン・ブース(whiteSTOUT)
映画『花束みたいな恋をした』ダブル主演の(左から)有村架純と菅田将暉 菅田将暉PHOTO:(C)ヤン・ブース(whiteSTOUT)
 女優の有村架純と俳優の菅田将暉がダブル主演を務める映画『花束みたいな恋をした』の製作が決まった。来冬の全国公開を予定している。 本作は、ドラマ『東京ラブストーリー』(1991)、『カルテット』(2017)など連続ドラマを数多く手掛けてきた脚本家・坂元裕二のオリジナル脚本による、現在の東京を舞台にしたラブストーリー。男女が東京・井の頭線の明大前駅で終電を逃したため偶然に出会うところから物語が始まり、時代、時間、場所、すべての偶然が運命のようにシンクロしてゆくひとつの恋の5年間の行方と、子供でも大人でもない時期を迷いながら歩んでいく2人のリアルな姿を描く。

 坂元が映画でラブストーリーの脚本を手掛けるのは『世界の中心で愛を叫ぶ』(2004年・共同脚本)以来で、オリジナル作品としては初めて。執筆段階から有村と菅田を主役に想定していたという。メガホンを取るのは、『いま、会いにゆきます』(2004)、『ハナミズキ』(2010)、『映画 ビリギャル』(2015)など多くの大ヒット映画を手がけ、2020年に『罪の声』の公開も控える土井裕泰監督。土井は坂元とはドラマ『カルテット』以来、映画では初のタッグとなる。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >