2019/11/04 07:00

佐藤健「気付いたら役者をやっていた」 中学生の頃は夢を答えられず

佐藤健、『ひとよ』インタビュー クランクイン!
佐藤健、『ひとよ』インタビュー クランクイン!
 俳優の佐藤健が、『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督と初めてのタッグを組んだ『ひとよ』。ある事件によって運命を狂わされた家族の姿を見つめた本作で主演を務めた佐藤は、「白石監督の作品に出ることが念願だった」とうれしそうに話す。現在の日本映画界をけん引している俳優のひとりである佐藤だが、実はもともと「俳優になろうと思ってなったわけではない」のだという。 ある雨の夜、3人の子どもたちを守るためにと暴力夫を殺した母こはる(田中裕子)は、子どもたちに15年後の再会を誓って姿を消す。次男の雄二(佐藤)、長男の大樹(鈴木亮平)、長女の園子(松岡茉優)は、それぞれに心に傷を抱えながら成長した。そして15年後、彼らの前にこはるが帰ってくる。

 複雑な思いを抱えたままの雄二を演じるにあたって、佐藤は、あえて役作りをせずに臨んだと振り返る。

 「作品をやるときにどういったアプローチで臨むかというのは、その都度、考えます。『ひとよ』の場合は、白石監督作品であること、そして共演者を見て役作りをせずにフラットな状態で入りました。これまでにも似たアプローチをしたことはありましたが、ここまで徹底したのは初めてです」。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >