楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/08 19:00

映画史上最も呪われた企画…『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』日本公開決定

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ポスタービジュアル(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mato a Don Quijote A.I.E., Tornasol SLU
映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ポスタービジュアル(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mato a Don Quijote A.I.E., Tornasol SLU
 構想30年で9回も頓挫し、映画史上最も呪われた企画といわれる『THE MAN WHO KILLED DON QUIXOTE(原題)』が、邦題を『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』として、2020年1月24日より全国公開されることが決定。ポスタービジュアルが解禁された。 本作は、スランプに陥ったCM監督トビーが、10年前に撮影した映画でドン・キホーテ役に抜てきした老人ハビエルと再会したことで、奇怪な旅路に巻き込まれていく物語。

 企画頓挫を繰り返すあまり、その過程をドキュメンタリー映画『ロスト・イン・ラ・マンチャ』(2002)として上映するほどにもなった本作。ジョニー・デップやユアン・マクレガーなどそうそうたる俳優たちが決定しては消えた主人公トビー役には、『ブラック・クランズマン』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のアダム・ドライバーが決定した。自身をドン・キホーテと信じる老人ハビエル役にジョナサン・プライスが扮し、トビーのボスをステラン・スカルスガルド、ボスの妻でトビーを誘惑するジャッキをオルガ・キュリレンコがそれぞれ演じる。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >