楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/08 07:00

佐藤寛太「お利口さんにはできないけれど」 “座長”としての意識の変化

 そんな動物園での撮影だからこそ、特別な準備も必要だった。

 「なによりも、撮影で動物たちにストレスを与えないようにすることが大切でした。なので、クランクインする2~3週間前から通って、僕たちに慣れてもらう作業から始めました。掃除をしたり、とにかく動物園にいるようにしたり。実際に撮影が始まってからも、ずっと動物園にいました」。

 撮影中にも、実際に命と向き合う出来事があったという。

 「イヌワシが亡くなったんです。寿命でした。そのときの飼育員さんたちの姿が印象に残っています。ある意味さらっとしているというか、強さみたいなものを見ましたし、生と死の両方をずっと肌で感じている職業だからこその受け入れ方だと感じました」。

 演じた亮太に関しては「甘えん坊」と感想をもらす。「挫折して帰郷するのですが、焦燥感に駆られているわけでもなければ、普通に親を頼っていったりする。社会に対する危機感がまだない。どこか楽観的で、だけど普通にいそうな青年だと感じました。彼は不器用なままだし、まだまだ甘えん坊だけれど、でもなにかひとつ成長したかなと感じます」。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >