楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/09 07:00

渡辺謙、「壁」を乗り越えるために大切にしてきた“オープンマインド”

渡辺謙、『ベル・カント とらわれのアリア』インタビュー クランクイン!
渡辺謙、『ベル・カント とらわれのアリア』インタビュー クランクイン!
 「文化、人種、宗教観が違うなかどうやって他人を理解するか――」。世界で活躍する名優・渡辺謙が近年抱いているテーマだという。その意味で、最新作映画『ベル・カント とらわれのアリア』との出会いは、渡辺にとって大きな意義のある作品になったようだ。 本作は、1996年にペルーで起きた「日本大使公邸占拠事件」をもとにアン・パチェットがつづったベストセラー小説『ベル・カント』を、オスカー女優ジュリアン・ムーアを主演に迎え映画化した人間物語だ。渡辺は、ムーア扮する世界的有名なオペラ歌手ロクサーヌのファンであり、窮地に追い込まれるなか、立場を超えて心を通わせていく実業家ホソカワを演じる。

 当時、日本でも「日本大使公邸占拠事件」は大きく報道されていたが、渡辺は「事件が起きる1週間前までペルーを横断するドキュメンタリーの撮影でリマにいたんです。もし撮影スケジュールがズレていたら、レセプションのご招待を受けていたかもしれない」と驚くべき事実を明かす。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >