2019/11/17 07:00

安達祐実、完璧を求めた子育て 夫との出会いで「楽になれました」

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』安達祐実インタビューカット クランクイン!
映画『ゾンビランド:ダブルタップ』安達祐実インタビューカット クランクイン!
 2009年に公開され、熱狂的なファンを生み出した映画『ゾンビランド』。ゾンビがまん延する社会を、主人公らが独自のルールで生き抜くホラーコメディの続編『ゾンビランド:ダブルタップ』が、10年のときを経て公開される。新キャラクターのマディソンの日本語吹き替えを担当した安達祐実が、初挑戦となった実写映画の吹き替えでの苦労、そして最近大反響を呼んだセルフメイク動画について、さらに、かつては母として「肩に力が入っていた」という彼女が楽になれたきっかけを語ってくれた。 大ヒット映画『ヴェノム』でも監督を務めたルーベン・フライシャーが、前作に引き続き監督を担当。本作で個性的なキャラクターたちに仲間入りするハイテンションギャル、マディソンの声を演じた安達は、実写映画の吹き替えは初めてだそうで、芸歴36年目の彼女でも難しかったという。

 「話すタイミングが分からなかったり、自分ではかなり大きい声を出しているつもりでも足りなかったりと、声だけで表現する難しさを知って、声優さんは本当にすごいんだなと実感しました」。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >