楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/19 18:00

S・キングも信頼 『シャイニング』を引き継いだ俊英、『ドクター・スリープ』監督の手腕に注目

映画『ドクター・スリープ』メイキングカット 一番左がマイク・フラナガン監督、中央がダニー役のユアン・マクレガー(C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
映画『ドクター・スリープ』メイキングカット 一番左がマイク・フラナガン監督、中央がダニー役のユアン・マクレガー(C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
 スティーヴン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督作『シャイニング』(1980)の40年後を描く映画『ドクター・スリープ』。キングが2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが大人になったダニーを演じる本作で監督と脚本を務めたマイク・フラナガンの手腕に対し、原作者のキング、キャスト、プロデューサーから絶賛の声が寄せられた。 閉ざされた雪山のホテルで狂気にとらわれた男ジャック(ジャック・ニコルソン)とその家族に襲い掛かる恐怖を描いたホラー映画『シャイニング』。本作では、キングの小説『ドクター・スリープ』を基に、惨劇から生き残ったジャックの息子ダニーの40年後が描かれる。

 これまでキング原作のNetflix映画『ジェラルドのゲーム』(2017)をはじめ、『ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~』(2016)、『オキュラス/怨霊鏡』(2013)、Netflixドラマ『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』など多くのホラー作品を手掛けてきたフラナガン監督。最新作となる『ドクター・スリープ』では、完成作を観たキングから「この映画は単体でも成立するが、キューブリックによる『シャイニング』の続編としても素晴らしい」と厚い信頼を寄せられている若き俊英だ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >