楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/08 08:20

黒島結菜、自分の“甘さ”に気づいた周防正行監督からの言葉

黒島結菜 クランクイン!
黒島結菜 クランクイン!
 2013年公開の映画『ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜』でスクリーンデビューを果たして以来、数々の映画や、連続テレビ小説、大河ドラマなど着実に出演作を重ね、女優としてのキャリアを積んできた黒島結菜。そんな彼女がヒロインを務めた映画『カツベン!』において、名匠・周防正行監督からかけられた一言で、芝居に取り組む姿勢が大きく変わったという——。◇ダメ元で挑んだオーディション

 100人以上のオーディションの中、ヒロインの座を勝ち取った黒島。彼女が演じた役は、成田凌扮する活動弁士を目指す主人公・染谷俊太郎の初恋の相手であり、女優を目指す栗原梅子。大正時代を舞台に、夢を追いながらも、厳しい現実に直面する複雑な思いを抱える女性を好演した。

 300館規模の公開作品で、しかも監督は、日本アカデミー賞で史上最多の14冠を達成した『Shall we ダンス?』や『シコふんじゃった。』など傑作を世に送り出してきた周防正行。黒島は「やりたいとは思っていたのですが、オーディションには、これまで主演を務めてきた人もたくさん来ているだろうし、私じゃ無理だろうな」とダメ元で挑んだという。しかし、だからこそ「いつもなら緊張するのですが、割とリラックスして臨めたんです。どうせ受からないだろうからと思ったので…」とあっけらかんと当時を振り返る。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >