楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/14 14:54

成田凌「全てが変わった」『カツベン!』主演で役者としての意識の変化

映画『カツベン!』公開記念舞台あいさつに登場した成田凌 クランクイン!
映画『カツベン!』公開記念舞台あいさつに登場した成田凌 クランクイン!
 俳優の成田凌が14日、都内で開催された映画『カツベン!』公開記念舞台あいさつに出席。本作で演じた活動弁士の口上で2分間のひとりしゃべりを披露し、「こんなに緊張する舞台あいさつは初めて」と苦笑いするも、「なかなか声は出てたかな」と手応えを。また、本作で、役者として感じた意識の変化を明かした。 本作は、今からおよそ100年前の大正時代を舞台に、サイレント映画の活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)を主人公にした物語。イベントには、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、竹中直人、井上真央、竹野内豊、周防正行監督も登壇した。

 しゃべりのスターである活動弁士を演じるために半年にも及ぶ活弁の猛特訓を行った成田。同イベントの冒頭でも堂々とした活弁で会場を盛り上げたが、成田は「昨日まで鼻水ずるずるだったけど、朝起きたらピタッと治っていて。これが『カツベン!』主演の力かと」とニッコリ。

 そんな成田の口上を見て、周防監督は「オーディションで会ったときに、舞台あいさつでも口上をしてもらうんだなんて…(思ってなかった)。(作品でも)すごいことを強いてしまった。本当にありがとう」と感極まっている様子。同じく活動弁士を演じた永瀬と高良も「気持ちが分かるので、俺がドキドキして。すごいよ」(永瀬)、「素晴らしかった」(高良)と成田のパフォーマンスを絶賛した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >