楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/18 12:30

『パワーレンジャー』ハリウッド実写版、リブート企画が進行中か

『パワーレンジャー』のリブート企画が浮上(※写真は2017年版『パワーレンジャー』より) 写真提供:AFLO
『パワーレンジャー』のリブート企画が浮上(※写真は2017年版『パワーレンジャー』より) 写真提供:AFLO
 日本の特撮シリーズ“スーパー戦隊”の英語版ローカライズとして全米放送されたテレビシリーズ『パワーレンジャー』。1995年と2017年にハリウッド映画化されたが、映画化権を取得したパラマウント・ピクチャーズが再映画化を進めているという。 Varietyによると、パラマウントは脚本の執筆に、2018年のヒット映画『ピーターラビット』の第2弾『Peter Rabbit 2:The Runaway(原題)』の脚本を担当したパトリック・バーリー(Patrick Burleigh)を起用したという。リブート版の監督はネットフリックスのオリジナルドラマシリーズ『このサイテーな世界の終わり』のジョナサン・エントウィッスルが打診を受け、現在、初期段階の交渉に入っているという。

 キャストやあらすじなどの詳細は不明で、ハスブロ傘下のオールスパーク・ピクチャーズが製作する。

 ライオンズゲートが映画化した2017年版『パワーレンジャー』は、古代の地球を守った5人の戦士からパワーを引き継いだ5人の若者が、新たな脅威に立ち向かうさまを描いた。

 シリーズ化を視野にディーン・イズラライトが監督、ディズニー映画『アラジン』のジャスミン役に抜擢される前の女優のナオミ・スコットなどが出演したが、製作費1億ドル(約109億円)に対し、世界興収が約1億4200万ドル(約155億円)と振るわず、続編が製作されることはなかった。
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >