楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/18 12:00

いきなりGG賞ノミネート! 新星子役、スカヨハ相手に堂々たる好演『ジョジョ・ラビット』本編

映画『ジョジョ・ラビット』場面写真(左から)スカーレット・ヨハンソン、ローマン・グリフィン・デイビス(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC
映画『ジョジョ・ラビット』場面写真(左から)スカーレット・ヨハンソン、ローマン・グリフィン・デイビス(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC
 タイカ・ワイティティが監督・脚本・出演を務める映画『ジョジョ・ラビット』より、主人公の少年ジョジョに、母ロージーが“愛の力”を愛情たっぷりに伝える本編映像が解禁された。映画初出演となるジョジョを演じるローマン・グリフィン・デイビスが、母親役のスカーレット・ヨハンソン相手に見せる堂々たる演技に注目だ。 本作は、第二次世界大戦下のドイツを舞台に、戦争への笑いによる風刺と共に、戦時下の人々の生きる喜びを描くヒューマン・エンターテインメント作品。監督・脚本、そしてアドルフ・ヒトラー役を、俳優としてだけでなく、メガホンを取った『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)を大ヒットへと導くなど、マルチな活躍で才能を発揮するワイティティが務める。

 解禁された本編映像は、ロージー(スカーレット)が、“愛”という目に見えないものを理解出来ない少年ジョジョ(ローマン)に「愛は最強の力よ」と伝えるシーン。ヒトラー(ワイティティ)を空想上の友達にしてしまうくらい心酔し、「一番強いのはミサイルだ。次がダイナマイトで3番が筋肉。愛なんて見ても分からない」といっちょ前に反抗するジョジョだが、彼はまだ靴ひもすら自分で結べない若干10歳の少年だ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >