楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/20 18:00

イーストウッド最新作『リチャード・ジュエル』緊迫の30秒予告完成

映画『リチャード・ジュエル』ポスタービジュアル(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
映画『リチャード・ジュエル』ポスタービジュアル(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
 1996年のアトランタ・オリンピック爆破テロ事件をめぐる実話を基にした、クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』より、緊迫感あふれる30秒予告が完成した。 イーストウッドの40本目の監督作となる本作は、1996年のアトランタ・オリンピックで起こった爆破テロ事件の容疑者と、真実を追う弁護士を描く、実話を元にしたサスペンスドラマ。映画『スリー・ビルボード』(2017)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したサム・ロックウェルが弁護士ワトソンを、オスカー女優のキャシー・ベイツが容疑者ジュエルの母ボビを演じる。キャシーは本作での演技でゴールデン・グローブ賞助演女優賞にノミネートされている。

 1996年、アトランタ・オリンピック開催中に爆破テロ事件が勃発。不審なバッグを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)の迅速な通報によって数多くの力で多くの人命が救われた。だが彼は、爆弾の第一発見者であることで米連邦捜査局(FBI)から疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアント(サム)は、この捜査に異を唱えるのだが…。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >