楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/22 12:22

『ペット・セメタリー』死から蘇った“猫”のトリビア 演じたのは保護猫のメインクーン

映画『ペット・セメタリー』死から蘇った“猫”を演じた猫たち(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
映画『ペット・セメタリー』死から蘇った“猫”を演じた猫たち(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
 スティーヴン・キングの小説を原作にしたホラー映画『ペット・セメタリー』より、本日12月22日が“いいニャンニャンニャンの日”であることを記念して、死から蘇った猫を捉えた戦慄の場面写真が公開された。併せて、本作で熱演を披露した猫たちが保護猫であることも明かされた。 本作は、田舎へ引っ越してきた家族が、新居の裏にある謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”と奥深くにある邪悪な森の土地によって破滅の一途を辿ることとなる衝撃の”禁忌”ホラー。

 家族と田舎に引っ越した主人公の医師ルイス。ある日、飼い猫チャーチが事故で命を落とし、ルイスは悲しみに暮れる娘エリーを心配して墓地を越えた奥深くの森に猫を埋葬する。しかし次の日、凶暴に豹変したチャーチが姿を現わす。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森で“死者が蘇る土地”だったのだ。そして迎えた娘エリーの誕生日、エリーは交通事故で帰らぬ人となってしまう。悲しみに暮れるルイスの取った行動とは…。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >