楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/30 11:00

カラーで蘇る第一次世界大戦の記録…ピーター・ジャクソン監督『彼らは生きていた』予告完成

映画『彼らは生きていた』ポスタービジュアル(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
映画『彼らは生きていた』ポスタービジュアル(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
 映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどで知られる名匠ピーター・ジャクソン監督が、第一次世界大戦の記録映像を再構築したドキュメンタリー映画『They shall not grow old(原題)』が、邦題を『彼らは生きていた』として2020年1月25日に公開されることが決定。日本版の予告編も完成した。 本作は、第一次世界大戦の終戦から100年を迎えた節目となる2018年に、イギリスで行われた芸術プログラム「14‐18NOW」と帝国戦争博物館が共同制作し、帝国戦争博物館に保存されている記録映像を再構築したドキュメンタリー映画。イギリス本国のみならず、2019年度のアメリカ・ドキュメンタリー部門でナンバーワンのヒットを記録した。

 ジャクソン監督は、2200時間以上あるモノクロでサイレント、さらに経年劣化が激しかった100年前の記録映像に対し、修復、着色、3D化という3段階の作業を400人以上のアーティストを動員して実施。修復作業では、バラバラのスピードで撮影されていた古い映像を現代の24フレームに修正するため、足りないフレームを作成するなど今までにない最新のデジタル技術を施した。また、大戦当時は録音技術がなかったため、BBCが所有していた600時間以上ある退役軍人たちのインタビュー音声や、兵士たちが話す口の動きを読唇術のプロが解析した言葉、効果音を追加。完成作はまるでジャクソン監督に魔法をかけられ、命を吹き込まれたかのような仕上がりとなっている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >