楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/01 08:30

西島秀俊、「いまだにプレッシャーで死にそうになる」 活躍の裏に謙虚でブレない姿勢

西島秀俊、『風の電話』インタビュー クランクイン!
西島秀俊、『風の電話』インタビュー クランクイン!
 俳優の西島秀俊が、映画『2/デュオ』(1997)以来、諏訪敦彦監督と22年ぶりにタッグを組んだ最新作『風の電話』。震災によって全てを亡くした少女・ハルに、同じ被災者として心を寄せる男性・森尾役に挑んだ西島が、葛藤したという諏訪組独特の撮影現場を振り返るとともに、作品のオファーをもらうたびに、「いまだにプレッシャーで死にそうになる」という、俳優としての変わらぬスタンスを語った。 本作は、東日本大震災以降、“天国に繋がる電話”として、3万人以上の人々が訪れている電話ボックス<風の電話>をモチーフにした初の映像作品。広島から故郷の大槌町へ、家族を亡くした少女ハルが、傷ついた心を抱えながら、見知らぬ町を旅する姿を追いかける。『ブラック校則』などで注目の新人女優・モトーラ世理奈が主人公・ハルを演じるほか、西島、三浦友和、西田敏行、山本未來ら豪華キャストが彼女を旅先で励ます重要な役で登場する。

 諏訪監督の商業映画デビュー作となった『2/デュオ』で、売れない若手俳優の役を演じた西島。当時は、シナリオのない即興演出というスタイルで、「果たして映画が撮れるのか?」と諏訪監督自身が模索していた時代だが、あれから22年、西島自身も役者として実績を積み重ね、双方が成熟した中で再タッグが実現した。「今や諏訪監督のスタイルが確立していて、当時とは全く違う空気感でしたね。現場も落ち着いていて、安定感がありました」。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >