楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/22 21:00

諏訪敦彦監督『風の電話』、第70回ベルリン国際映画祭正式出品決定!

映画『風の電話』本ポスタービジュアル(C)2020映画「風の電話」製作委員会
映画『風の電話』本ポスタービジュアル(C)2020映画「風の電話」製作委員会
 モデルで女優のモトーラ世理奈が主演を務める諏訪敦彦監督最新作『風の電話』が、第70回ベルリン国際映画祭のジェネレーション部門に正式出品されることが決定。諏訪監督から喜びのコメントが到着した。 2011年に岩手県大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格氏が、死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから自宅の庭に設置した<風の電話>。本作は、東日本大震災以降、「天国に繋がる電話」として、3万人を超える人々が訪れているこの<風の電話>をモチーフにした初の映像作品となる。

 監督は、『2/デュオ』(1997)で長編監督デビュー以来、『M/OTHER』(1999)、『ライオンは今夜死ぬ』(2017)などを手掛け、日本だけでなく、フランスをはじめヨーロッパで高い評価を受けている諏訪敦彦。広島から故郷の大槌町へと旅する主人公ハルを、唯一無二の個性を放つモトーラが演じ、西島秀俊、西田敏行、三浦友和らベテラン俳優たちが、旅先でハルを温かく包みこむキャラクターに扮して脇を固める。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >