楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/22 16:00

『燃えよ! カンフー』、『デッドプール2』デヴィッド・リーチ監督でリメイクか

『燃えよ! カンフー』デヴィッド・リーチ監督でリメイク? (※写真は1970年代ドラマ『燃えよ! カンフー』より) 写真提供:AFLO
『燃えよ! カンフー』デヴィッド・リーチ監督でリメイク? (※写真は1970年代ドラマ『燃えよ! カンフー』より) 写真提供:AFLO
 1972年から1975年の3シーズンにわたりABC局で放送された、俳優デヴィッド・キャラダイン主演のカンフー西部劇シリーズ『燃えよ! カンフー』。昨年、CW局が女性を主人公にしたリブートドラマ企画を進めていることが明らかになったが、ユニバーサル・ピクチャーズがリブート映画版の制作に乗り出すという。 Deadlineによると、映画『デッドプール2』や『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のデヴィッド・リーチ監督がメガホンをとるとのことだ。早々に脚本家を決める予定だという。リーチ監督は『デッドプール2』などの製作パートナーで妻のケリー・マコーミックらと共に、プロデューサーも兼任する。オリジナルドラマ版のクリエーターであるエド・スピールマンが、製作総指揮を務める。
 
 オリジナルドラマ版は19世紀のアメリカ西部を舞台に、少林寺の修行を受けた、アメリカ人の父と中国人の母を持つ主人公ケインが、殺害された恩師の仇を討ったことで追われる身となり、中国からアメリカに渡って西部を旅しながら様々な事件や試練に立ち向かうさまを描く。

 リーチ監督の映画版は現代が舞台になるという。CW局で進められているリブートドラマ版は、20代の若い中国系アメリカ人女性が主人公になると報じられているが、映画版の主人公やあらすじなどは不明だ。

 リーチ監督は2018年、ブルース・リー主演のカンフー映画『燃えよドラゴン』のリメイクで監督を務めると報じられていた。同作の進捗も気になるところだ。
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >