楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/30 22:52

アリ・アスター監督が初来日! 最新作でカップル破局を熱望?「レガシーを世の中に残して」

映画『ミッドサマー』来日舞台あいさつ付き先行上映に登場したアリ・アスター監督、LiLiCo クランクイン!
映画『ミッドサマー』来日舞台あいさつ付き先行上映に登場したアリ・アスター監督、LiLiCo クランクイン!
 長編デビュー作 『ヘレディタリー/継承』(18)で世界から注目されるアリ・アスター監督が30日夜、都内で開催された最新作『ミッドサマー』の来日舞台あいさつ付き先行上映に登場。本作の製作のきっかけや、好きな日本映画についてユーモアを交えて語った。 『ミッドサマー』は、アスター監督が手がける新感覚スリラー。不慮の事故で家族を失ったダニー(フローレンス・ピュー)が、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人で、スウェーデンで開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れ、悪夢の出来事に遭遇する様を描く。

 アスター監督は「日本映画が大好きです。初来日なのでとてもワクワクしています」とニッコリ。2週間滞在する予定で「探検できるのをワクワクしている。京都に行くつもりです。もしほかに何か行くべきところがあれば提案してほしい」と観客に呼びかけた。

 “恐怖映画の歴史をくつがえす”と評される本作の製作当初について「企画自体は、撮影前の『ヘレディタリー』の脚本を読んだスウェーデンのプロデューサーが僕にアプローチしてくれて、『夏至祭の間、アメリカ人がスウェーデンの特別なコミューンを訪れて…という映画をつくりたい』と言われたのが全ての始まり。正直、そのアイデアだけでは響かず、やりたいかどうか自分ではわからなかった」と回想。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >