楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/31 13:00

『ババドック』女性監督最新作、夫と子どもの命を奪われた女囚の復讐劇描く衝撃作公開

映画『ナイチンゲール』ポスタービジュアル(C)2018 Nightingale Films Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Tasmania.
映画『ナイチンゲール』ポスタービジュアル(C)2018 Nightingale Films Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Tasmania.
 映画『ババドック ~暗闇の魔物~』のジェニファー・ケント監督最新作で、第75回ヴェネツィア国際映画祭においてコンペティション部門唯一の女性監督作品として注目されながらも、そのあまりにも過激で衝撃的な内容が物議を醸した映画『THE NIGHTINGALE(原題)』が、邦題を『ナイチンゲール』として3月20日より公開されることが決定。メインビジュアルと予告編が解禁された。 本作は、英国植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子どもの命を残虐な将校らに奪われた女囚クレアの復讐の旅を描くリベンジ・スリラー。処女作『ババドック ~暗闇の魔物~』(2014)が高い評価を受けた女性監督ジェニファー・ケントが、人間の暴力性と差別の問題に鋭く切り込み、流刑地における女性虐待と植民地化によって人口の90%が失われたと言われる先住民アボリジニの迫害の歴史を赤裸々に描き出す。

 サム・ペキンパー監督作を彷彿とさせるリアリズムとバイオレンスで描かれた本作は各国の映画祭で絶賛され、第75回ヴェネツィア国際映画祭では新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)、審査員特別賞の二冠を達成。2019年度のオーストラリア・アカデミー賞では作品賞、主演女優賞ほか6部門の最多受賞を決め、同年米アカデミー賞の前哨戦となるナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ10映画にも選出された。ケント監督の名声はさらに高まり、マーベル映画への起用も噂されるなど、ハリウッドで最も注目される監督の1人となっている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >