楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/03 17:45

第73回英国アカデミー賞、『1917 命をかけた伝令』が作品賞を含む最多7部門受賞

 第73回英国アカデミー賞で最多7部門を制覇した『1917 命をかけた伝令』 写真提供:AFLO
 第73回英国アカデミー賞で最多7部門を制覇した『1917 命をかけた伝令』 写真提供:AFLO
 米アカデミー賞の有力な前哨戦となっている第73回英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式が現地時間2日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催された。9ノミネートを獲得していたサム・メンデス監督作『1917 命をかけた伝令』が、作品賞、監督賞、英国映画賞、撮影賞、プロダクションデザイン賞、視覚効果賞、音響賞の7部門を制覇した。 最多11ノミネートのトッド・フィリップス監督作『ジョーカー』は、タイトルロールを演じる俳優のホアキン・フェニックスが主演男優賞に輝いた他、作曲賞とキャスティング賞を受賞した。

 現地時間9日に開催される第92回米アカデミー賞でも注目されるポン・ジュノ監督作の『パラサイト 半地下の家族』は外国語映画賞に。クエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』からは、俳優ブラッド・ピットが助演男優賞に輝いた。

 授賞式を欠席したブラッドは共演女優のマーゴット・ロビーに受賞スピーチの読み上げを託し、EU離脱とヘンリー王子夫妻の王室離脱のニュースにかけて、「やあ、英国。シングルになったと聞きましたよ。仲間ですね」というジョークから始め、「このトロフィーはハリー(ヘンリー王子の愛称)と名付けます。アメリカに連れて帰るのをすごく楽しみにしています」というジョークで締めくくり、会場の笑いを誘った。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >