楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/13 16:00

『ワイルド・スピード』女性版スピンオフが進行中 ヴィン・ディーゼルが脚本に言及

『ワイルド・スピード』女性版スピンオフが進行中(※『ワイルド・スピード ICE BREAK』場面写真) 写真提供:AFLO
『ワイルド・スピード』女性版スピンオフが進行中(※『ワイルド・スピード ICE BREAK』場面写真) 写真提供:AFLO
 俳優のヴィン・ディーゼルが率いる人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズ。9作目が『ワイルド・スピード/ジェット・ブレイク』の邦題で5月29日に公開されるが、新たなスピンオフの企画が着々と進んでいるようだ。ヴィンがもうすぐ脚本を手にする予定であることを明かした。 本家シリーズは10作目で終結する予定の『ワイルド・スピード』シリーズ。ヴィンはMTV Internationalとのインタビューで、10作目の後のシリーズの行方を尋ねられると、「『ワイルド・スピード』女性版のスピンオフを企画した。来月、脚本が届く予定だ。どうなるかね」と、女性版の初稿が間もなく完成することを明かした。ScreenRantによると、インタビューは1月に行われたとのことで、ヴィンの言う“来月”は2月になるようだ。

 ヴィンは昨年1月に自身のインスタグラムで、3つのスピンオフ企画をユニバーサル・ピクチャーズに約束したとコメントしていた。そのうちの1つでヴィンが2017年に着手したというのが女性版だった。2019年の時点では、映画『キャプテン・マーベル』のニコール・パールマンとジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット、映画『シエラ・バージェスはルーザー』のリンジー・ビアの名前が脚本家として挙がっていた。

 女性版スピンオフの詳細は不明。新たな女性キャラクターを主人公にするのか、ヴィン演じるドムの恋人レティ役の女優ミシェル・ロドリゲスや、ドムの妹で俳優のポール・ウォーカーが演じたブライアンの妻ミア役の女優ジョーダナ・ブリュースターなどが中心になるのか。さらなる続報に注目だ。
Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >