楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/20 16:00

『アンチャーテッド』映画化、トム・ホランドが進捗報告 “誕生物語”と公言

ゲーム『アンチャーテッド』の実写版で若きネイサン・ドレイクを演じるトム・ホランド(C)AFLO
ゲーム『アンチャーテッド』の実写版で若きネイサン・ドレイクを演じるトム・ホランド(C)AFLO
 映画『スパイダーマン』シリーズの俳優トム・ホランドが主演を務める人気ゲーム『アンチャーテッド』のハリウッド実写映画版。監督の降板などが続き、トムが主演に決まってから2年以上が過ぎてもクランクインにこぎ着けないが、トムいわく最新の脚本を読んだという。また映画版は「ゲームに対する誕生物語」とのことだ。 ゲーム『アンチャーテッド』シリーズは、トレジャーハンターのネイサン・ドレイク(通称ネイト)が世界中を冒険しながら、悪と戦う姿を描く。トムは実写映画版で若きネイサンを演じると伝えられているが、IGNとのインタビューで最新の脚本を読んだことを明かし、「これまで読んだ脚本の中でも最高だよ。飛び抜けて優れている」と、脚本を読んで手応えを感じたことを明かした。

 「『アンチャーテッド』映画版は、これまでのゲームの映画版の大半になかったものを提供する。つまりゲームに対する誕生物語だ」とトム。「映画は誰にとっても楽しめるものになると思う。ゲームをプレイしたことのある人にとっては、まだ見ぬ物語が展開するし、ゲームをしたことのない人にとっては、他の人と同時に内容を知るからね。とにかく、この作品を作れることにすごく興奮しているよ。やっと実現する」と語り、撮影が始まることを心待ちにしている様子だ。

 Comingsoon.netによると、最新の脚本は海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド』のレイフ・ジャドキンス、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』のアート・マーカムとマット・ハロウェイが担当する。監督は映画『ゾンビランド』のルーベン・フライシャーが務める。
Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >