2017/09/04 17:16

プロレスラー高山善廣、首から下が全く動かない「頚髄完全損傷」に 支援団体TAKAYAMANIA設立

DDT公式サイトのプレスリリース
DDT公式サイトのプレスリリース

 PRIDEなどで活躍し、5月4日にDDTプロレス豊中大会で負傷して長期休養に入っていたプロレスラー・高山善廣選手の状態が発表され、頚髄(けいずい)完全損傷で回復の見込みなしと診断されました。

 DDT豊中大会の試合後に病院に救急搬送され、その翌日の5月5日に「頸髄損傷および変形性頚椎(けいつい)症」という診断が下りていた高山選手でしたが、9月4日にあらためて発表されたのは「頚髄完全損傷」というあまりに厳しい診断でした。

 高山選手によると、頚椎を痛めてしまい首から下が全く動かず、また呼吸もできなくなってしまったとのこと。さらに首の手術を受けた後、心臓停止などもあり、術後の経過が思わしくなく、なかなか報告できる状況になかったとしています(現在は呼吸器は外れ呼吸や会話は可能)。

 高山選手と言えば、タッグチーム「NO FEAR」での活躍、さらにはPRIDEでドン・フライと完全ノーガードで殴り合ったシーンなどを見せてきた、日本を代表するプロレスラーの1人。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >