2017/10/06 12:10

「もし人類補完計画が発動しなかったら」 シンジ17歳、山下いくとによる「エヴァ」が10年越しの単行本化決定

ついに単行本化
ついに単行本化

 「エヴァンゲリオン」メカデザイナー山下いくとさんによる、テレビ版パラレルストーリーを描いた小説『エヴァンゲリオンANIMA』がついに単行本化されます。

 ストーリーはテレビ版第24話「最後のシ者」から分岐したもので、「もしも人類補完計画が発動しなかったら?」というifの世界が舞台。進化したエヴァンゲリオンである「スーパーエヴァンゲリオン(命名:ミサト)」が登場するほか、17歳に成長したシンジ、レイ、アスカをはじめ、加持と共にエージェントとして活躍するケンスケなど、おなじみのキャラクターたちの意外な未来が描かれます。ちなみに、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の最後で8+2号機が振り回していた刀は、『ANIMA』に登場する「マゴロックスステージ2」。

 同作は2007年、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が公開された約3カ月後に『電撃ホビーマガジン』誌上で連載開始され、2013年に完結。当初から単行本化が待ち望まれていましたが、関連企業の組織改編といった諸事情により発刊が遅れることに。以後も山下さんのTwitter上で単行本化に向けたブラッシュアップ作業が進行中である旨が定期的に伝えられていましたが、ついにそれが実った形です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >