2017/11/25 13:00

「ジャスティス・リーグ」ディレクターズ・カット版製作を求める署名が12万人を突破 当初3時間の構想も、劇場公開版は約2時間

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 バットマンやワンダーウーマンなど、DCコミックスを代表するスーパーヒーローたちが一同に集結する映画「ジャスティス・リーグ」。その本編内容をめぐり、「降板したザック・スナイダー監督によるディレクターズ・カット版を製作してほしい」という声がファンや作品スタッフから上がっています。

 ディレクターズ・カット版を求めるChange.orgを使った署名活動には11月25日時点で12万人以上が賛同。ザック監督自信、SNSサービスのVero上で、この署名に言及したユーザーに「いいね」を送ったことも話題になっています。

 (※署名活動ではザック監督と共に降板になった作曲家・ジャンキーXL(トム・ホーケンバーグ)による劇伴の使用も求めている)

 加えて、同作で撮影監督を務めたファビアン・ワグナーさんが21日、米ハリウッド・レポーターのインタビューで「公開版の尺は予想以上に短かった」「カットされたシーンを収録したディレクターズカット版に期待したい」「(ザックによる)ディレクターズ・カット版は長くなる傾向がある。だがそれは彼が物語を伝えるのに必要な時間だ」と、公開中の映画が当初ザック監督が意図した形になっていないことに触れ、署名活動を加速させています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >