2015/07/01 16:40

【エンタがビタミン♪】橋本マナミの貧乏時代。1食約6円の“特製丼”に森泉が驚き。

グラビアアイドルや女優として活躍する橋本マナミが、売れなかった頃の貧乏生活をバラエティ番組で明かした。なかでも「一番大変だった」という食生活では、1食が約6円の“特製丼”に助けられたそうだ。当時を再現したVTRに、森泉が目を丸くして驚いていた。

橋本マナミは“愛人にしたい女”と呼ばれるだけあり、優雅な雰囲気が漂う。しかし、彼女がなかなか売れずに苦労した時期は意外に長い。6月30日放送のバラエティ番組『幸せ!ボンビーガール 2時間SP』(日本テレビ系)では、そんな彼女の貧乏時代に迫った。

山形県山形市出身の橋本マナミは、小学生の時にテレビで目にした女優の松雪泰子に憧れて芸能界を目指した。中学1年生、13歳の時に『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞すると、芸能事務所に所属。中学を卒業して17歳で上京した。

都内のワンルームに暮らし、家賃は事務所が払ってくれたがアルバイトは禁止だった。まだ仕事もほとんどないのでお金がなく、普段は実家で着ていたジャージの上下で過ごしたという。オーディション用の衣装は、ファッションリサイクル店で一揃い数百円という格安で間に合わせていた。だがオーディションに落ち続け、ついに事務所から「来月から家賃は払えない」と告げられてしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >