2017/05/21 17:55

【海外発!Breaking News】女性警察官、見ず知らずの8歳少年に腎臓提供を決意(米)

我が子が移植手術を必要とした時、親ならばその適合性を願い、できることなら自分が我が子を救ってやりたいと思うことだろう。しかし家族はもとより近しい友人らも息子の移植手術には適合しないことがわかり、母はFacebookに悲痛な思いを投稿した。すると思いがけない奇跡が起こったのである。米『ABC News』や複数メディアが伝えている。

米ウィスコンシン州ジェーンズビルに暮らすジャクソン・アーネソン君(8歳)は、腎臓の病気である「後部尿道弁」を患って生まれた。いつの日かジャクソン君が腎臓移植を必要とするであろうことを知っていた家族は、友人にも協力を得てジャクソン君の腎臓との適合性を検査したが、誰一人適合者はいなかった。

どんなことをしてでも、息子に腎臓移植を受けさせてやりたい…そう願った母のクリスティー・ゴールさんは、2016年12月7日に自身のFacebookで「息子が11月末に腎臓の定期検診を受けたこと」「その検査でわかったのは息子の腎臓機能が低下していること」「腎臓移植を望んでいるが、できれば生体(生きている人)からの移植が望ましいこと」などを綴り、適合検査をしてくれる人を探していると訴えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >