2017/05/27 17:50

【海外発!Breaking News】危機的水不足の南ア・ケープタウン、市長主催で雨乞いの儀式を行う

南アフリカ・ケープタウンでは現在、水不足が深刻化している。そこで市長は頼みの綱として、あらゆる宗教の長を呼び寄せて雨乞いを行うことにした。

ケープタウンは毎年、この時期になると水不足が懸念されているが、今年はより深刻である。5月22日頃にはダムの貯水量が20.7%にまで低下し、危機的状況に陥った。

市では数か月前から水の使用制限を呼び掛けていたが、来月からは制限レベルが“4”にまで引き上げられることとなった。“レベル4”になると水の使用は飲料、調理用、必要最低限の洗浄に限られることとなり、庭の水やり、プールの水の追加、洗車が禁止される。また水洗トイレには雨水、風呂の残り水、食器を洗った水などを利用しなければならず、1人1日当たりの水使用量は100リットル以下に制限される。これは家庭だけに限らず、ホテルやジムでもプールやサウナの使用を禁止するなどの対策を迫られることになる。

これまで水の節約に努めてきたケープタウンだが、4~5月の降雨量は予想を下回り、このままでは8月~9月にはダムの水が底をついてしまう。そこで市長は雨乞いをすることを決定した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >