2017/06/09 05:30

【海外発!Breaking News】生後20日の息子を飼い犬に噛まれ、死なせた父親に裁判所「懲役刑は必然」(英)

2015年6月、生後わずか20日の男児がこの世を去った。家族の飼い犬に襲われた悲劇の死であった。突然の不幸により我が子を亡くした両親の悲しみは計り知れないが、このほど行われた裁判で男児の死は犬の飼い主である父親に責任があるとして「懲役刑は免れない」ことが明らかになった。

英『BBC』や『Metro』など複数メディアが伝えたところによると、2015年6月20日に英タインアンドウィア州サンダーランドにて生後20日目のレジー・リチャードソン君が家族のペットであるテリア犬に襲われ、病院に搬送されたが死亡した。

当初、レジー君の父ライアン・ヤング(32歳)は「テリアのような犬は飼っていない」と話していたが、今年6月5日にニューカッスル刑事法院で行われた裁判では「コントロールの効かない狂暴な犬を所有していた」ことを認めたという。犬は事件後、殺処分を受けている。

レジー君の母マリア・ブラックリンさんは事件が起こった当日、身内の不幸があったために家を留守にしていた。レジー君の葬儀では、水色の小さな棺を抱えるライアンの姿とその後ろで涙を流すマリアさんの姿が捉えられていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >