2017/06/06 18:26

【海外発!Breaking News】旧ソ連時代の紙幣約10億ルーブルが鉱山跡から発見される(露)<動画あり>

鉱山作業にあたる大変な数の労働者とその家族のために集合住宅、各種学校、病院などが建設され、一時はどこも大変栄えた鉱山の町。閉山となりいつの間にか廃墟と化した鉱山跡が日本でも各地に今なお残っている。しかし、そこには驚くようなお宝が…!? このほどロシアでそんな鉱山跡から驚くほどの大金が発見されたという。露『Komsomolskaya Pravda』などが伝えた。

モスクワから東に約200kmというウラジーミル地方の、廃墟と化したある鉱山から発見されたソビエト・ルーブル紙幣。その合計額は大の男にとっても「あまりにも大量」という約10億ルーブル(日本円にして約19.8億円)。発行は1961~1991年の間であるという。だがそれはあくまでも額面を為替相場で計算した話で、悲しいことに現在使用できる通貨ではない。古美術商に持ち込む、オークションにかけるくらいしかお金に換える方法はなさそうだ。

このたびの発見は、ロシアのYouTubeでは有名なサンクトペテルブルクを本拠地とする探検家グループによってなされた。とんでもない大金が眠っているとの噂を聞きつけたものの、そこには旧ソ連時代のミサイル格納施設が残っており、近隣に暮らす高齢者に話を聞いても「弾道ミサイル開発プログラムのせいで放射能が漏れている。危険で誰もそこには入れない」などという返事であった。そのためガイガーカウンターを準備して鉱山跡に入っていった彼らだが、結局は放射能汚染などないことが判明。大変な“お宝”を隠した人物が、人々の関心を遠ざけるために不安な情報流しておいた可能性もありそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >