2017/06/07 14:12

【エンタがビタミン♪】八代亜紀“アニマルズ”に救われた過去 「人生を変えた3曲」のインタビューで明かす

八代亜紀は小学生の時に父親が買ってきたジャズレコードでジュリー・ロンドンの歌声を聴き「クラブシンガーになりたい」と思い始めたという。2013年には米ニューヨークの歴史あるジャズクラブ「バードランド」でライブを行い、ジャズ歌手のヘレン・メリルと共演して子どもの頃の夢を実現している。そんな彼女が6月5日放送のバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)にVTRで出演して「人生を変えたあの名曲」について語った。ところがそのなかにはジャズは含まれておらず、意外な洋楽が挙げられた。

12歳でジャズを聴いて魅了された八代。「こんな風に歌いたい」との思いは熱くなるばかりだが、実は人前に出て喋るのが大の苦手だった。それを克服するために中学校を卒業するとバスガイドになる。しかし観光バスで初めてお客さんを前にして全く喋ることができず、運転手から「喋れ!」と叱られてしまう。バスのステップに座り涙をこぼしながら泣いている時にラジオから流れてきたのが英ロックバンド・アニマルズのヒット曲『朝日のあたる家』であった。彼女はそれを耳にして「やっぱり歌手になりたい!」と決意を新たにし、両親に内緒でバスガイドを辞めて地元熊本のキャバレーで歌手として働く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >