2017/06/09 23:24

【海外発!Breaking News】約2億分の1の確率で生まれた無鼻症の男児、2歳でこの世を去る(米)

このほどアメリカで、無鼻症という病気を持って生まれた男児がわずか2歳でその生涯を閉じた。生後まもない頃、多くのメディアで紹介された男児は愛くるしい笑顔で人々の心を温かくしてきた。両親のFacebookにはこれまで彼を見守ってきた人達の悲しみのコメントが次々と寄せられていることを『AL.com』などが伝えた。

米アラバマ州に住むジェレミー・フィンチさんとブランディ・マグラザリーさん(2人は夫婦関係ではない)の愛する息子イーライ君が、今月3日午後10時40分頃にモービルにあるスプリングヒル・メディカル・センター(Springhill Medical Center)で息を引き取った。

イーライ君は2015年3月4日、サウス・ボールドウィン病院(South Baldwin Hospital)で生まれた。初めて我が子と対面した時、母親のブランディさんは驚きを隠せなかった。なぜならイーラン君には鼻が無かったのだ。緊急処置のためチルドレンズ・アンド・ウィメンズ病院(Children's and Women's Hospital)にすぐに搬送された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >